Results 1 to 3 of 3
  1. #1
    Community Rep Lirymela's Avatar
    Join Date
    May 2020
    Posts
    34

    「第75回FFXIVプロデューサーレターLIVE」の動画とまとめを公開! (2023/1/6)

    先日放送された「第75回FFXIVプロデューサーレターLIVE」の模様を収録した動画を公開しました!
    生放送に間に合わなかった方も、もう一度見直してみたい方も、どうぞじっくりとご覧ください。


    ※YouTubeの画質設定で「1080p」を選択していただくと、フルHD画質で動画をご覧いただけます。

    あわせて「第75回プロデューサーレターLIVE」で発表された情報を、ダイジェスト形式でまとめてみました。
    すぐに時間が取れないという方は、まずダイジェストをご覧ください!

    パッチ6.3実装コンテンツ特集Part2
    パッチ6.3実装コンテンツ特集Part2では、パッチ6.3実装項目について実機を交えながらご紹介しました。


    ◆パッチ6.3「天の祝祭、地の鳴動」パッチトレーラー

    (00:00:12)
    放送冒頭で、「天の祝祭、地の鳴動」のトレーラーを公開しました。
    公開時期は、2023年1月10日(火)を予定しています。


    ◆パッチ6.3実装項目おさらい
    Click image for larger version

Name:	PLL75_01.jpg
Views:	178
Size:	230.8 KB
ID:	10920 Click image for larger version

Name:	PLL75_02.jpg
Views:	155
Size:	198.8 KB
ID:	10921
    (00:13:11)
    「タタルの大繁盛店」の続編では、前回までのクエストだけでなく、「クロニクルクエスト:四聖獣奇譚」のコンプリートも前提条件となっています。つまり、久しぶりに四聖獣が絡んでくるお話になります。

    「新たなる冒険 番外編」の続編は、今回のメインクエストをコンプリートしたあとにサイドストーリーとして追加され、あるキャラクターのロアが語られます。

    Click image for larger version

Name:	PLL75_03.jpg
Views:	88
Size:	250.5 KB
ID:	10922 Click image for larger version

Name:	PLL75_04.jpg
Views:	79
Size:	184.2 KB
ID:	10923
    「友好部族クエスト:レポリット族」関連のスクリーンショットを2枚ご紹介しました。
    前回のオミクロン族のストーリーは6.0の後日談的な雰囲気がありました。それに対してレポリット族のストーリーは、彼の存在意義である「ヒトに尽くす」という部分の真っ直ぐさがポイントです。
    前半部分はストレート過ぎてヒネリがないなと思われるかもしれませんが、吉田個人としては、パッチ6.3で最も気に入ったお話ですので、ぜひじっくりやってみてください。

    Click image for larger version

Name:	PLL75_05.jpg
Views:	94
Size:	207.5 KB
ID:	10924 Click image for larger version

Name:	PLL75_06.jpg
Views:	121
Size:	195.8 KB
ID:	10925
    (00:17:35)
    新インスタンスダンジョンでは、コンテンツサポーターの「ゼロ」と一緒に攻略できます。

    ソフィア討滅戦は元祖脳トレギミックのようなバトルが展開されますが、幻討滅戦でも毛色の違うギミックが追加されています。

    トレーラーでもお分かりいただけたように、絶シリーズ第5弾の相手は「オメガ」です。
    早い段階で「次はオメガです」とお知らせすると、プレイヤーの皆さんの間でイメージがどんどん出来ていってしまうかなと思ったのと、最終チェックが公開間際になるため、吉田自身がコンテンツを通しで確認したうえでご説明したいという意図があるため、戦う相手がオメガであることはパッチ直前の発表としました。皆さんのご期待に沿うものになっていると思いますので、楽しみにしていてください。

    Click image for larger version

Name:	PLL75_07.jpg
Views:	137
Size:	177.4 KB
ID:	10926 Click image for larger version

Name:	PLL75_08.jpg
Views:	98
Size:	168.9 KB
ID:	10927
    Click image for larger version

Name:	PLL75_09.jpg
Views:	91
Size:	199.4 KB
ID:	10928 Click image for larger version

Name:	PLL75_10.jpg
Views:	255
Size:	235.1 KB
ID:	10929
    (00:21:50)
    「オルト・エウレカ」の前提条件は、ディープダンジョンというコンテンツの基礎を「死者の宮殿」で学んでから挑戦していただけるような条件としています。
    内容としては死者の宮殿の正統進化ですが、ボスは専任のプログラマーが就いて開発しており、よりボス戦らしいボス戦が楽しめると思います。
    ストーリーに関しても、テキスト量が決して多いわけではないですが、良いものになっています。

    ジョブ調整とPvPアップデートに関しては、後述の項目で改めてお伝えします。

    Click image for larger version

Name:	PLL75_11.jpg
Views:	148
Size:	214.0 KB
ID:	10930 Click image for larger version

Name:	PLL75_12.jpg
Views:	129
Size:	209.3 KB
ID:	10931
    Click image for larger version

Name:	PLL75_13.jpg
Views:	99
Size:	136.3 KB
ID:	10932 Click image for larger version

Name:	PLL75_14.jpg
Views:	123
Size:	196.8 KB
ID:	10933
    Click image for larger version

Name:	PLL75_15.jpg
Views:	103
Size:	175.2 KB
ID:	10934 Click image for larger version

Name:	PLL75_16.jpg
Views:	189
Size:	204.8 KB
ID:	10935
    (00:25:34)
    宝物庫とジャンピングアスレチックについては、のちほど実機を交えて改めてご紹介します。

    高地ラノシアの刺突漁は、このタイミングで入れようと決めていたものではなかったのですが、新生エリアのフライング対応を進めている頃に、新生エリアでも拡張パッケージで追加された要素を少しずつでも入れていきたいねと話していたら、開発スタッフが早速対応してくれていて、とても嬉しかったです。

    ハウジングの区画追加について、今回は追加区画の販売を行わないワールドは、既存の土地に余裕があるため、空きが埋まってきたら販売を開始したいと思います。

    Click image for larger version

Name:	PLL75_17.jpg
Views:	203
Size:	204.8 KB
ID:	10936 Click image for larger version

Name:	PLL75_18.jpg
Views:	178
Size:	216.7 KB
ID:	10937
    Click image for larger version

Name:	PLL75_19.jpg
Views:	143
Size:	180.6 KB
ID:	10938
    (00:33:31)
    ■バトルログ/フライテキストのダメージ識別表示追加
    既存の全コンテンツ/全アクションに影響する部分ですので、入念にチェックしてはいますが、対応漏れが発生してもおかしくない物量ですので、不自然な点を見つけたら報告していただけますと幸いです。

    ■パーティリストのバフ・デバフステータスに残り時間を表示する機能
    ON/OFFの切り替えが可能です。
    デフォルトではONになっていますが、カウント数がリアルタイムで変化するため描画負荷がかかる機能でもあるため、重くなったと感じた方はOFFにした状態もお試しいただければと思います。

    ■各種コンテンツでのポートレート表示対応
    こちらは好みでON/OFFできます。
    また、デフォルト状態のポートレートはさすがに味気がなかったので、今回のパッチで背景を調整しています。

    ■ファッションアクセサリー使用中にできる各種行動を拡張
    製作やマウント騎乗など、アクセサリー使用中に制限がかかっていたことが、使用中でもできるようになります。

    ■雨を検知して傘を自動的に使用する機能
    雪の時にどうするかは開発チームで意見が分かれたポイントで、結論として今回は雪には対応していません。
    しかし、より機能を発展させるためのアイディアをもとに新しい仕組みの準備を進めていますので、その準備ができしだい、雪に対応します。
    その仕組みが実現すれば、傘だけでなくロールプレイの幅自体が広がると思いますので、もう少々お待ちください。
    (2)

  2. #2
    Community Rep Lirymela's Avatar
    Join Date
    May 2020
    Posts
    34
    ◆ジョブ調整
    Click image for larger version

Name:	PLL75_20.jpg
Views:	64
Size:	160.2 KB
ID:	10939
    (00:45:28)
    ナイトは、大幅に調整した結果、ローテーションも変更されることになりました。
    ローテーションを維持したまま調整するとなると、どうしてもその場しのぎの調整になってしまいがちなので、
    しっかり調整するための変更として、ご理解ください。

    Click image for larger version

Name:	PLL75_21.jpg
Views:	255
Size:	225.8 KB
ID:	10940 Click image for larger version

Name:	PLL75_22.jpg
Views:	342
Size:	291.0 KB
ID:	10941
    継続ダメージの比重を抑えたぶん、バーストで火力を出しやすくし、コンテンツ相性でのブレも少なくするという方針で調整を行っています。また、一部の防御アビリティが他タンクジョブのものと比べて使いづらい面があったので、使いやすさを向上させる調整も入れています。

    詳しい調整内容は、パッチノートやジョブガイドでご確認ください。


    ◆PvPアップデート
    Click image for larger version

Name:	PLL75_23.jpg
Views:	28
Size:	236.6 KB
ID:	10942
    00:51:40
    今回もPvP関連のジョブ調整はランキング上位のジョブを参考にし、複数のジョブに対して行っています。

    大規模PvPについては、皆さんの意見などをみて次の企画をまとめているところですので、もう少しお待ちください。

    6.3で実装するクリスタルコンフリクトの新マップ「東方絡繰御殿」について実機でご紹介しました。

    絡繰御殿の特徴として、ワープする扉や畳のギミックがあります。そのほか、時間経過によって試合中1回もしくは2回「祭」が発生し、範囲攻撃と視線技を持ったからくりがマップ内を徘徊します。クラウドコントロールのスキルを使ってうまく活用してみてください。

    またPvP全般において、アイテム取得の処理の調整を行っています。
    PvPのシリーズ報酬などでもらえる装備品も放送で紹介していますので、動画でご覧ください。


    ◆喜びの神域 エウプロシュネ
    Click image for larger version

Name:	PLL75_24.jpg
Views:	24
Size:	214.8 KB
ID:	10943
    01:01:11
    コンテンツの突入前に実機画面で、新UIスキンの「クリアブルー」についてご紹介しました。
    落ち着いた色の青とし、背景が透けているUIとなっております。今後クリアシリーズとして種類を増やして行く予定です。

    エウプロシュネの風景を実機でお見せしました。
    また入手できる各ロールの装備もご紹介しましたので、動画でもご覧ください。

    背景がリアルタイムで変化する演出、神々のエピソードも含めたロア部分など、さまざまな部分に力を入れて開発しています。吉田は3ボスのギミックをうまく越えれた爽快感が気に入っており、こちらもぜひお楽しみに。


    ◆絶オメガ検証戦
    Click image for larger version

Name:	PLL75_25.jpg
Views:	26
Size:	269.7 KB
ID:	10944
    (01:27:54)
    絶コンテンツ第5弾「絶オメガ検証戦」を実機でお見せしました。

    絶コンテンツでは、「絶竜詩戦争」をクライマックスとして位置付けているため、難度的にはここは超えないようにしています。
    しかし、異なるベクトルの難しさがあるため、やりごたえは十分に仕上がっています。とくにギミックの解法を得るまでに少々時間がかかるだろう予想しています。

    そして、オメガといえば“何かを検証するため”に戦っていますが、今回の目的とは?
    ……エモい演出を用意しているので、できるなら元の「次元の間:オメガ(特に零式)」を遊んでいただいたうえで楽しんでもらえると幸いです。

    実装は、パッチから2週間後です。心と時間に余裕をもって挑んでいただければと思います。挑まない方も配信している方を応援したり、一緒に解法を考えたりして楽しんでもらえると嬉しいです。


    ◆宝物庫 エルピス・ギュムナシオン祭殿
    Click image for larger version

Name:	PLL75_26.jpg
Views:	14
Size:	301.5 KB
ID:	10945
    (01:34:53)
    新たな宝物庫を実機で紹介しました。

    内部にはルーレットが設置されており、その出目によってギミックが発動します。
    その1つ、モンスターが出現するギミックでは、討伐によって宝箱が得られ報酬を獲得可能です。

    内容次第では外には吐き出されてしまいますが、今回の結果は……?

    なお、新たに入手できるおしゃれ装備もお見せしました。
    こちらを含む、今日お見せした新規おしゃれ装備はすべてジェンダー対応しており、性別を問わず楽しめます。


    ◆ジャンピングアスレチック新コース
    Click image for larger version

Name:	PLL75_27.jpg
Views:	16
Size:	265.4 KB
ID:	10946
    (01:46:30)
    シルフ領風なアスレチックコースをガチンコプレイでお見せしました。

    高低差に富んだコースでは、その高所を移動するためのギミックが用意されています。
    そして、高さに応じて陽の入り方や天候に変化が現れるなどビジュアル面でも楽しめるコースになっており、その様子も披露しました。


    ◆ディープダンジョン オルト・エウレカ
    Click image for larger version

Name:	PLL75_28.jpg
Views:	74
Size:	261.0 KB
ID:	10947 Click image for larger version

Name:	PLL75_29.jpg
Views:	64
Size:	227.1 KB
ID:	10948
    (01:56:22)
    コンテンツの概要と特徴を、実機を交えつつご紹介しました。
    詳しいルールはプレイガイドでご確認ください。

    なお、「オルト・エウレカ」の追加に伴い、NPC”コー・ラブンタ”が進行に関連していた2つのクロニクルクエストが廃止となります。
    「コー・ラブンタ」がとても良いキャラクターだったので、この機会にバックグラウンドをきちんと描こうということで、オルト・エウレカの開放クエストに登場することになりました。
    廃止となるクロニクルクエストはウィークリークエストでしたが、実装から年月が経っており、もう役目を終えたと思っています。
    このクロニクルクエストを達成した方とそうでない方で開放クエストの台詞が変わるので、興味がある方は事前にクエストをコンプリートしておいてください。

    実機では、突入カットシーンや10階層目に登場するボス、そしてオルト・エウレカならではの新要素をご紹介しました。
    今回は、アラグということで「ドレッドノート」に変身することができます。
    また、クリスタルタワーシリーズで登場したとあるNPCを、強力な助っ人として召喚することもできます。

    さらに放送では、コンテンツ報酬として追加される髪型のほか、パッチ6.3で実装されるマウントをいくつかご紹介しました。ブラックジャック号のマウントは、MGPで交換することができます。複数人乗りもできるので、どうぞお楽しみに。


    ◆リテイナー アイテム一括受け渡し機能
    (02:24:38)
    リテイナーにアイテムを一括で渡す機能について、実機でご紹介しました。
    リテイナーとアイテムの受け渡しを行う画面上に、「アイテム一括受け渡し」というボタンが追加されており、そのボタンから専用UIを開くことができます。

    受け渡ししたいアイテムをリテイナーが1つ以上所持している必要がありますが、1つ持たせておけば、以降は何種類でも一括でプレイヤーからリテイナーにアイテムを渡すことができます。ぜひ活用してみてください。

    なお、アイテムの受け渡しには少し時間がかかります。
    プレイヤーの皆さんのアイテムがロストしないよう、サーバーエンジニアが綿密に最適化を行った結果なので、どうかご容赦ください。

    さらに放送では、新たなハウジング外装や調度品をご紹介しつつ、ミニオンを実機でお見せしました。
    「NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)」から「ママ」のミニオンも実装されます。
    (2)

  3. #3
    Community Rep Lirymela's Avatar
    Join Date
    May 2020
    Posts
    34
    ◆FFXIV新生10周年に向けて
    Click image for larger version

Name:	PLL75_30.jpg
Views:	26
Size:	290.1 KB
ID:	10949
    (02:41:25)
    FFXIVは2023年で新生から10周年を迎えます。
    これを記念して、様々な企画が進行中です。続報にご期待ください。
    本日は、10周年を盛り上げる記念ロゴをご紹介しました。


    ◆日本ファンフェス 開催場所決定
    Click image for larger version

Name:	PLL75_31.jpg
Views:	24
Size:	296.2 KB
ID:	10950 Click image for larger version

Name:	PLL75_32.jpg
Views:	40
Size:	207.9 KB
ID:	10951
    (02:53:07)
    日本ファンフェスは、東京ドームで開催することが決定しました。
    日程は、2024年1月7日(土)、1月8日(日)の2日間となります。
    10周年を迎えるということで、感謝の気持ちを込めて、皆さんと一緒に派手にお祝いをしたいと思っています。どうぞお楽しみに!


    ◆ハウジング自動撤去カウンター再開
    Click image for larger version

Name:	PLL75_33.jpg
Views:	31
Size:	146.3 KB
ID:	10952
    (02:57:28)
    パッチ6.3からハウジング自動撤去カウンターが再開します。ハウスを所持している方はご注意ください。
    詳しくは、こちらのトピックスをご確認ください。
    (2)