Results 1 to 5 of 5
  1. #1
    Community Rep Lirymela's Avatar
    Join Date
    May 2020
    Posts
    7

    「第67回FFXIVプロデューサーレターLIVE」の動画とまとめを公開! (2021/11/19)

    先日放送された「第67回FFXIVプロデューサーレターLIVE」の模様を収録した動画を公開しました!
    生放送に間に合わなかった方も、もう一度見直してみたい方も、どうぞじっくりとご覧ください。



    ※YouTubeの画質設定で「1080p」を選択していただくと、HD画質で動画をご覧いただけます。

    あわせて「第67回プロデューサーレターLIVE」で発表された情報を、ダイジェスト形式でまとめてみました。
    すぐに時間が取れないという方は、まずダイジェストをご覧ください!


    ◆発売日変更に関するお知らせ
    放送冒頭で、吉田P/Dより「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ」の発売日に関する重要なお知らせがありました。
    詳しくはこちらのトピックスをご確認ください。

    また、ローソン×FFXIVキャンペーンのアイテム交換開始日やシーズナルイベントの開催期間なども変更されます。
    発売日変更にともなうお知らせもあわせてご確認ください。

    Click image for larger version

Name:	PLL67_01.jpg
Views:	342
Size:	227.2 KB
ID:	9184
    00:02:26
    放送では、パッチ6.05までのスケジュールもお伝えしています。


    ◆ローンチトレーラー


    「暁月のフィナーレ」のローンチトレーラーを公開しました。
    今回はナレーションがほぼエメトセルクになっており、その理由もここでは言えませんがあります。
    また、パッチタイトルが「ENDWALKER」なので、”終わりに向かって歩む”ということがポイントになっています。
    ありとあらゆるシーンがネタバレに繋がるので、トレーラーの制作にはかなり苦労しました。


    パッチ6.0実装項目紹介

    ◆新たなプレイヤータウン/フィールド
    Click image for larger version

Name:	PLL67_02.jpg
Views:	85
Size:	222.7 KB
ID:	9185 Click image for larger version

Name:	PLL67_03.jpg
Views:	85
Size:	337.7 KB
ID:	9186
    00:45:07
    新たなプレイヤータウン/フィールドをあらためてご紹介しました。

    メディアツアーでも情報が出ていましたが、オールド・シャーレアンにはアルフィノとアリゼーの実家があります。
    様々な秘密を抱えてきた町で、ここが物語の中心になってきます。
    FFXIVはルヴェユール家の物語でもあり、今回その部分にもかなりフォーカスされていますので、ぜひご注目ください。

    Click image for larger version

Name:	PLL67_04.jpg
Views:	95
Size:	272.0 KB
ID:	9187 Click image for larger version

Name:	PLL67_05.jpg
Views:	82
Size:	245.8 KB
ID:	9188
    ラヴィリンソスは、以前もお伝えしましたが、こう見えて地下にあるフィールドです。
    ここには、物語の序盤から立ち寄ることになります。
    何の目的で作られていて、各施設がどういう役割を果たしているのか、すべてシナリオの中で説明されます。

    サベネア島は、空の空気感や抜け感にかなりこだわってグラフィックを作りこみました。
    物語がひと通り落ち着いたら、ぜひゆっくりと空を見上げてみてほしいです。
    また、サベネア島からラザハンを臨む場所があるのですが、フォグや色味がかなり良い感じに仕上がっていますので、ぜひスクリーンショットポイントとしてお楽しみください。

    Click image for larger version

Name:	PLL67_06.jpg
Views:	108
Size:	150.0 KB
ID:	9189 Click image for larger version

Name:	PLL67_07.jpg
Views:	170
Size:	189.9 KB
ID:	9190
    ガレマルドは、このスクリーンショット以外のことは何もお伝えできません。
    吉田がFFXIVチームに参加したときから既に存在したガレマール帝国ですが、旧FFXIVを含めたこの11年の間に色々なことがありました。
    果たしてここでどんなことが起こるのか、皆さんの目でお確かめください。

    嘆きの海では、奥に惑星ハイデリンが見えます。
    このスクリーンショット1枚だけでも、細部のデザインを見ていくと色々と妄想が捗るかと思います。

    Click image for larger version

Name:	PLL67_08.jpg
Views:	172
Size:	276.8 KB
ID:	9191
    そして、未だ名称を明かせず、スクリーンショットもお見せできないエリアが存在します。
    この放送のために、なんとかスクリーンショットの撮影を試みたのですが、結局どこも映せませんでした。


    ◆重要NPC紹介
    Click image for larger version

Name:	PLL67_09.jpg
Views:	204
Size:	185.8 KB
ID:	9192 Click image for larger version

Name:	PLL67_10.jpg
Views:	183
Size:	172.5 KB
ID:	9193
    Click image for larger version

Name:	PLL67_11.jpg
Views:	156
Size:	186.2 KB
ID:	9194 Click image for larger version

Name:	PLL67_12.jpg
Views:	183
Size:	185.2 KB
ID:	9195
    Click image for larger version

Name:	PLL67_13.jpg
Views:	177
Size:	166.5 KB
ID:	9196 Click image for larger version

Name:	PLL67_14.jpg
Views:	230
Size:	169.9 KB
ID:	9197
    Click image for larger version

Name:	PLL67_15.jpg
Views:	157
Size:	178.5 KB
ID:	9198 Click image for larger version

Name:	PLL67_16.jpg
Views:	176
Size:	185.5 KB
ID:	9199
    Click image for larger version

Name:	PLL67_17.jpg
Views:	192
Size:	203.0 KB
ID:	9200 Click image for larger version

Name:	PLL67_18.jpg
Views:	260
Size:	183.7 KB
ID:	9201
    Click image for larger version

Name:	PLL67_19.jpg
Views:	364
Size:	176.1 KB
ID:	9202
    00:55:58
    物語に登場する主要なキャラクターたちをご紹介しました。

    ヤ・シュトラは、”世界のすべてを探求する”ことを目的に行動しているので、パッチ6.0で様々な世界の真実に触れていく中でとても活躍します。難しいことをプレイヤーにわかりやすく解説してくれる場面もあります。

    ウリエンジェは、元々旧FFXIVの第七霊災編というシナリオの中で、突如怪しい人物として出現しシャウトする役として作られたキャラクターだったので、とても思い入れのあるキャラクターです。
    最後までかなりこだわって調整しましたので、ぜひウリエンジェの物語にもご注目ください。

    アルフィノとアリゼーに関しては、光の戦士と知り合う前の2人の様子をシャーレアンで知ることができるようになっています。2人のファンだという方は、そのあたりもじっくり確かめてみてください。
    なおそういった小ネタは、メインストーリーに組み込むとストーリーが膨大になりすぎてしまうので、クエストの途中で周りのNPCに話しかけることで聞くことができるヒントトークなどに仕込まれています。
    今回、ヒントトークにもかなりこだわっていて、そのときしか聞けない台詞がたくさんあるので、ぜひお見逃しなく。

    グ・ラハ・ティアは、他の賢人たちとは違った知識や経験を持っています。
    それが世界の謎に迫っていく中でどう絡むのか、今は何も言えませんが必ず活躍するので楽しみにしていてください。

    クルルは、バルデシオン委員会の一員なので、シャーレアンではクルルが中心になって事が動いていきます。
    今回、非常に重要な役割を果たしてくれます。クルルの活躍にもご期待ください。


    Click image for larger version

Name:	PLL67_20.jpg
Views:	99
Size:	227.7 KB
ID:	9203
    01:12:11
    またパッチ6.0からは、クエスト中にNPCを連れ歩くことができる新しい仕組みが導入されています。
    その一幕をスクリーンショットでご紹介しました。
    特定のシークエンス中は、アルフィノやアリゼーといったキャラクターたちと共に行動し、目的地まで一緒に行くことができます。なお、大きく道を外れると元の位置に戻されます。
    シチュエーションは限定されますが、NPCを連れている間もグループポーズを使ったスクリーンショットの撮影が楽しめます。
    (7)

  2. #2
    Community Rep Lirymela's Avatar
    Join Date
    May 2020
    Posts
    7
    ◆新たなロールクエスト
    Click image for larger version

Name:	PLL67_21.jpg
Views:	92
Size:	232.3 KB
ID:	9204
    01:16:20
    全ロールクエストコンプリート後のエクストラクエストは、パッチ6.1以降に実装予定です。
    ぜひ、パッチ6.0の間に色んなジョブのレベリングをして、全てのロールクエストをクリアしていただけると嬉しいです。

    なお「漆黒のヴィランズ」では、クリア前に必ずいずれかのロールクエストを最後までプレイする必要がありましたが、「暁月のフィナーレ」では、メインクエストのクリア条件にロールクエストは含まれていません。
    ただ、並行してプレイしたほうが面白いと思います。
    メインクエストを進めると、その導線上でロールクエストも受注できるようになりますので、ぜひ両クエストをお楽しみください。

    ジョブクエストに関しては、レベル80クエストで一区切りとなっていますので、レベル90クエストは追加されません。


    ◆シャーレアン魔法大学取引
    Click image for larger version

Name:	PLL67_22.jpg
Views:	87
Size:	247.0 KB
ID:	9205
    01:20:50
    こちらは、クラフター/ギャザラー向けのレベリングを兼ねたクエストになっています。
    一部のプレイヤーの方から「味が気になる」と噂の賢人パンにまつわるお話も用意されています。
    なお、バトルジョブのロールクエストと異なり、エクストラクエストまでパッチ6.0で実装されます。


    ◆新たな多数のダンジョン
    Click image for larger version

Name:	PLL67_23.jpg
Views:	99
Size:	229.2 KB
ID:	9206 Click image for larger version

Name:	PLL67_24.jpg
Views:	89
Size:	307.3 KB
ID:	9207
    Click image for larger version

Name:	PLL67_25.jpg
Views:	98
Size:	197.6 KB
ID:	9208 Click image for larger version

Name:	PLL67_26.jpg
Views:	81
Size:	163.5 KB
ID:	9209
    01:23:03
    新たなダンジョンをスクリーンショットと共にご紹介しました。
    ここでは深く語ることができないのですが、たくさんのNPCと突入するダンジョンもあります。
    かなり細かくキャラクター制御が入っているので、その部分にも注目してもらえると嬉しいです。


    ◆新たな討伐・討滅戦
    Click image for larger version

Name:	PLL67_27.jpg
Views:	41
Size:	164.2 KB
ID:	9210
    01:25:55
    新たな討伐・討滅戦についても、内容は秘密です。
    難易度は、従来通りノーマルとハード(極)の2種類が実装されるので、メインストーリーが終わったらハードにもチャレンジしてみてください。


    ◆新たな高難易度レイド
    Click image for larger version

Name:	PLL67_28.jpg
Views:	57
Size:	195.7 KB
ID:	9211
    01:27:45
    新たな高難易度レイドについてご紹介しました。
    パッチ6.0リリースから2週間後にノーマルが実装され、さらにその2週間後に零式が実装されます。
    コンテンツ内の様子を実機でもお見せしたので、詳しくは動画をご確認ください。

    驚きの展開になるかと思うので、果たしてどんな出会いなどが待ち受けているのか、ぜひ楽しみにしていてください。


    ◆新たなトレジャーハントダンジョン
    Click image for larger version

Name:	PLL67_29.jpg
Views:	43
Size:	170.7 KB
ID:	9212 Click image for larger version

Name:	PLL67_30.jpg
Views:	61
Size:	330.7 KB
ID:	9213
    01:32:08
    新しいトレジャーハントダンジョンがパッチ6.05で実装となります。
    零式が実装されるタイミングと同時になりますので、カジュアルにプレイされている皆さんは、こちらで遊んでみてください。
    (5)

  3. #3
    Community Rep Lirymela's Avatar
    Join Date
    May 2020
    Posts
    7
    ◆PvPアップデート
    Click image for larger version

Name:	PLL67_31.jpg
Views:	43
Size:	213.4 KB
ID:	9214 Click image for larger version

Name:	PLL67_32.jpg
Views:	66
Size:	280.0 KB
ID:	9215
    Click image for larger version

Name:	PLL67_33.jpg
Views:	52
Size:	253.7 KB
ID:	9216 Click image for larger version

Name:	PLL67_34.jpg
Views:	67
Size:	326.5 KB
ID:	9217
    Click image for larger version

Name:	PLL67_35.jpg
Views:	64
Size:	331.2 KB
ID:	9218 Click image for larger version

Name:	PLL67_36.jpg
Views:	55
Size:	320.7 KB
ID:	9219
    Click image for larger version

Name:	PLL67_37.jpg
Views:	58
Size:	242.5 KB
ID:	9220 Click image for larger version

Name:	PLL67_38.jpg
Views:	57
Size:	183.2 KB
ID:	9221
    Click image for larger version

Name:	PLL67_39.jpg
Views:	67
Size:	290.3 KB
ID:	9222
    01:49:44
    パッチ6.1で実装される新たな少人数PvPコンテンツ「クリスタルコンフリクト」についてご紹介しました。

    短時間で気軽に遊べる方が、FFXIVのプレイヤー層に合っていると思うので、ルールはできるだけシンプルにしました。
    また、今までの少人数PvPでは、自分のロールの役割をきちんと果たさなければならず「プレッシャーを感じる」という方が多かったので、「クリスタルコンフリクト」ではロールによるマッチングやロールアクションを撤廃しました。
    その代わり、ジョブごとに個性的なPvPアクションや、アドレナリンラッシュが用意されています。
    全ジョブが自分でヒールできるようになっているので、ヒーラーの負担を気にする必要もありません。

    竜騎士のジャンプなど、特徴的な要素は残すようにしていますが、PvEアクションとは別物になります。
    ジョブという概念はありつつも、完全な新しい遊びだと思ってください。
    詳しいアクションの内容などについては、今後の放送で実機も交えてお見せしたいと思います。

    今回はコンテンツ内の様子を撮影したスクリーンショットをいくつかご紹介しました。
    中立オブジェを取り合うだけだとハプニングがないので、マップそのものにギミックが用意されていたりします。

    Click image for larger version

Name:	PLL67_40.jpg
Views:	30
Size:	234.7 KB
ID:	9223
    02:05:12
    「クリスタルコンフリクト」を遊ぶことで得られる報酬についても詳しくご説明しました。

    はじめに、現在のフィーストと同じようにシーズン報酬が用意されています。
    ランキングの順位報酬や、シーズン中にランクを上げることで得られる階級報酬がこれにあたりますが、報酬の内容は称号やアチーブメントなど”名誉”に関わるものになります。

    Click image for larger version

Name:	PLL67_41.jpg
Views:	50
Size:	265.9 KB
ID:	9224 Click image for larger version

Name:	PLL67_42.jpg
Views:	56
Size:	283.5 KB
ID:	9225
    Click image for larger version

Name:	PLL67_43.jpg
Views:	34
Size:	262.3 KB
ID:	9226
    02:06:54
    さらに、今回ご紹介した「クリスタルコンフリクト」に関わらず、PvP全体の報酬システムも刷新します。

    現在の「シーズン」に加えて、名称は検討中ですが、新たに「シリーズ(仮)」という期間が設定されます。
    シリーズ期間中にどのPvPコンテンツでもいいので、遊んでいくことでシリーズEXPがたまっていきます。
    そして、シリーズEXPが一定以上になると、シリーズレベルが上がります。
    シリーズレベルが上がると、様々な報酬と交換できる専用トークンが手に入り、さらに特定のレベルに到達した際には装備品やマウントなどのアイテム報酬を獲得することができます。
    そのため、ランキングの順位などは関係なく、自分のペースでコツコツ遊ぶことで報酬が得られる仕組みになっています。

    なおシリーズが切り替わると、シリーズレベルは1にリセットされ報酬ラインナップも変わってしまいますが、過去のシリーズ報酬は専用トークンによる交換ラインナップに後々追加されるので、いつかは手に入れることができます。
    なので、ぜひ自分のペースで気軽に遊んでみてください。


    ◆キャラクターカードシステム(仮)
    Click image for larger version

Name:	PLL67_44.jpg
Views:	59
Size:	323.7 KB
ID:	9227
    02:25:50
    キャラクタープロフィールの表示を、カスタマイズできる機能についてご紹介しました。
    PvPコンテンツに限らず、様々なコンテンツでプロフィールを彩る装飾を入手できるよう開発を進めています。
    SNSなどで、ご自身のキャラクターを紹介するカードを作成されている方も多いかと思いますが、それと似たものをゲーム内でも作れるようになるとイメージしてください。
    この機能はパッチ6.1で公開予定ですので、直前のPLLで詳しくお見せしたいと思います。


    ◆ザ・フィーストについて
    Click image for larger version

Name:	PLL67_45.jpg
Views:	39
Size:	245.8 KB
ID:	9228
    02:34:20
    パッチ6.1で閉鎖予定の「ザ・フィースト」についてご説明しました。
    「ザ・フィースト」で得られた「狼の首輪」は、今後も獲得・交換できるのでそのまま持っていて大丈夫です。
    (5)

  4. #4
    Community Rep Lirymela's Avatar
    Join Date
    May 2020
    Posts
    7
    ◆クラフター&ギャザラー関連調整
    Click image for larger version

Name:	PLL67_46.jpg
Views:	155
Size:	271.8 KB
ID:	9229 Click image for larger version

Name:	PLL67_47.jpg
Views:	141
Size:	247.1 KB
ID:	9230
    Click image for larger version

Name:	PLL67_48.jpg
Views:	142
Size:	270.7 KB
ID:	9231
    02:38:04
    パッチ6.0のクラフター/ギャザラー関連調整について、ご説明しました。

    はじめに、採集によるHQアイテム排出停止に関して補足しています。
    クラフターによるHQアイテム製作は今までどおり可能なので、混同しないようお気をつけください。

    Click image for larger version

Name:	PLL67_49.jpg
Views:	101
Size:	223.8 KB
ID:	9232 Click image for larger version

Name:	PLL67_50.jpg
Views:	112
Size:	239.5 KB
ID:	9233
    02:47:58
    漁師の調整内容について、ご説明しました。
    パッチ6.0からはHQアイテムに代わり「ラージサイズ」の魚が釣れるようになり、引き続き大物を釣り上げるという楽しみ方ができるようになっています。

    また、刺突漁がミニゲームになりました。
    プレイしている様子を実機でお見せしたので、詳しくは動画をご確認ください。
    ミニゲームだからこそ、UIやタイミングはしっかりと調整しています。


    ◆リーヴ報酬の見直し
    Click image for larger version

Name:	PLL67_51.jpg
Views:	188
Size:	259.9 KB
ID:	9234
    02:55:21
    リーヴ報酬の見直しについて、ご説明しました。
    報酬経験値/ギルを引き下げるだけではなく、引き上げた依頼も一部ありますが、経験値のデノミネーションが同時に行われるため、見た目上は数値が減って見える場合があります。
    現在とパッチ6.0以降で、単純に数値を比較することはできないので、あらかじめご了承ください。


    ◆システム関連
    Click image for larger version

Name:	PLL67_52.jpg
Views:	110
Size:	255.4 KB
ID:	9235 Click image for larger version

Name:	PLL67_53.jpg
Views:	107
Size:	273.7 KB
ID:	9236
    Click image for larger version

Name:	PLL67_54.jpg
Views:	149
Size:	274.9 KB
ID:	9237 Click image for larger version

Name:	PLL67_55.jpg
Views:	104
Size:	213.1 KB
ID:	9238
    03:15:42
    蓄積途中の経験値は可能なら切り上げを行いたかったのですが、そのためにはキャラクターデータベースの直接書き換えが必要になってしまい、書き換え量も膨大となるため、リセットという形で対応させてください。
    書き換えにはサービス自体を数週間停止しなければならないため、長期間プレイできない状況を作ってしまうことと比較して、より影響が少ない蓄積途中の経験値リセットを選択させていただきました。

    本対応は、レベル80に到達しているジョブ/クラスには影響ありません。
    レベル80未満のジョブ/クラスで、Nextレベルまでの蓄積経験値がある場合は、パッチ6.0までに次のレベルまで上げきることで、切り捨て量を最小限に抑えることが可能です。
    デノミネーションの詳細は『こちら』のトピックスでもご確認いただけます。

    放送ではFFIVのキャラクターを思わせる装備も少しお見せしました。
    こちらは週制限がない「経典」での交換品ですので、様々なロールで揃えていただければと思っています。なお、ミラージュプレートの空きが心配だという方がいらっしゃるかもしれませんが、パッチ6.1に向けて拡張する計画が進んでいますので、もう少々お待ちください。

    武器交換に必要なトームストーン量は、帯装備削除にともないレイド報酬などのバランスを改めて調整するなかで、装備の集め方の選択肢をもっと増やそうと思い、緩和に踏み切りました。

    そして、ヴィエラの新髪型がパッチ6.0で実装されます。
    ヴィエラ/ロスガルは他種族より特殊な仕様で作られており、髪型は増やせないということをお伝えしていましたが、グローバルで非常に多くのリクエストをいただいたため、開発チームが約2年に渡ってシステムの改修を行った結果、髪型追加が実現しました。
    ロスガルはヴィエラ以上に特殊な仕様で時間がかかっているため、パッチ6.1で追加予定です。
    放送ではヴィエラの追加髪型をご紹介していますので、気になる方は動画でご確認ください。

    Click image for larger version

Name:	PLL67_56.jpg
Views:	127
Size:	248.7 KB
ID:	9239 Click image for larger version

Name:	PLL67_57.jpg
Views:	96
Size:	287.1 KB
ID:	9240
    03:46:17
    アチーブメントUIが、プレイヤーの皆さんが手帳を持って、旅の日記を記しているという雰囲気のデザインにリニューアルされます。
    「もうすぐ達成!」タブでは、キャラクターデータを参照して、達成間近のアチーブメントが確認可能です。
    「おすすめ報酬」タブでは、報酬付きのアチーブメントが表示されますので、冒険の目標設定にご活用いただければと思います。

    また、放送ではネタバレにならない範囲で、一部の新マウント/ミニオンも実機でご紹介しています。

    カンパニーアクション「衰弱軽減」はレイド攻略時に効果が強力過ぎたため、「都市内スプリント効果時間延長」に置き換えることにしました。

    Click image for larger version

Name:	PLL67_58.jpg
Views:	117
Size:	279.7 KB
ID:	9241 Click image for larger version

Name:	PLL67_59.jpg
Views:	117
Size:	296.1 KB
ID:	9242
    Click image for larger version

Name:	PLL67_60.jpg
Views:	113
Size:	257.4 KB
ID:	9243
    04:01:16
    放送では、サウンドディレクターの祖堅正慶からも本機能について紹介しました。
    いわゆるバーチャルサラウンドの一種で、現実世界同様に、FFXIVでも360度から音が聴こえてくるような体験が楽しめるようになる機能です。
    ヘッドフォンやスピーカーといったデバイス自体がバーチャルサラウンド機能を持つものもありますが、「Immerse Spatial Audio」は個人の耳の形に合わせてパーソナライズされたプロファイルを使用することで、ソフトウェア側で立体感のあるオーディオが再生されるという仕組みになっています。
    そのため、お使いのヘッドフォンにバーチャルサラウンド機能が搭載されていなくても、FFXIVで360度から音を楽しむことが可能です。

    さらに、今回の「Immerse Gamepack FINAL FANTASY XIV Edition」は、FFXIVのために長期間かけて特別にチューンナップされたものになっています。
    FFXIVは開発当初からマルチチャンネル・サラウンドをターゲットにサウンド作りを続けてきたので、今回このような機能を追加することができて良かったと思っています。
    体験版もありますので、Windows版で遊んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。
    詳しくは『こちら』をご覧ください。
    (5)

  5. #5
    Community Rep Lirymela's Avatar
    Join Date
    May 2020
    Posts
    7
    ◆ハウジングアップデート
    Click image for larger version

Name:	PLL67_61.jpg
Views:	178
Size:	278.6 KB
ID:	9244 Click image for larger version

Name:	PLL67_62.jpg
Views:	220
Size:	289.0 KB
ID:	9245
    Click image for larger version

Name:	PLL67_63.jpg
Views:	223
Size:	315.4 KB
ID:	9246 Click image for larger version

Name:	PLL67_64.jpg
Views:	189
Size:	323.2 KB
ID:	9247
    Click image for larger version

Name:	PLL67_65.jpg
Views:	209
Size:	266.0 KB
ID:	9248 Click image for larger version

Name:	PLL67_66.jpg
Views:	191
Size:	286.6 KB
ID:	9249
    Click image for larger version

Name:	PLL67_67.jpg
Views:	175
Size:	283.4 KB
ID:	9250
    04:45:21
    パッチ6.1での抽選販売システムの導入にともない、パッチ6.0から整備中の土地への引越が廃止されます。
    また、パッチ6.1では現状あまり機能していない時間経過による土地価格の値下げも廃止します。
    FC加入直後直後のメンバーへの、土地購入権限の付与やFCマスター権限移譲については、土地の不正取引を防ぐ目的で制限させていただくことになりました。

    抽選販売システムは、区画ごとに抽選制を有効にするかどうかを個別設定できるように開発しており、現時点では抽選販売の区画の割合のほうを多くする予定です。そして、従来の早い者勝ちで購入できる区画をどのくらい残すべきかどうかは開発チームで議論中ですので、プレイヤーの皆さんのご意見を伺いながら、パッチ6.1までに決めていきます。

    FC用の土地/個人用の土地どちらの区画にするかという設定も、個別設定できるようになりましたので、その割合も状況を見ながら調整していく予定です。

    応募は1人1回、応募のキャンセル不可、応募時の全額支払い(落選の場合は返金)などのルールは、冷やかしやいたずらを排除するために設定しています。当選しても期間中に手続きしなかった場合のキャンセル料についても同様です。これに関しては100%没収でも良いのではというご意見もあるかもしれませんが、様々な事情があって手続きする時間が取れなかったということもあるかもしれませんので、現時点では50%の返金としています。

    抽選に関するログ等は運営チームでも確認できますので、故意にキャンセルを繰り返す等の、通常のプレイを阻害するような行為が見られた場合には対処していきます。

    なお、落選した場合の土地代は、返金に関する情報をサーバーが永続的に保持することは難しいため、受け取り期限を設定させていただいています。


    ◆オセアニアDC追加
    Click image for larger version

Name:	PLL67_68.jpg
Views:	102
Size:	218.8 KB
ID:	9251
    05:20:42
    以前よりお伝えしていた、オセアニアDCのオープン予定日と名称が決まりました。
    DC配下のワールド種別は新設となりますので、ホームワールドを移す予定の方は、無料化などの特典をお使いいただけるようになります。


    ◆6.05までのスケジュール
    Click image for larger version

Name:	PLL67_69.jpg
Views:	368
Size:	232.3 KB
ID:	9252
    05:22:26
    長丁場の放送になりましたので、最後に改めて今後のパッチスケジュールをお伝えしました。
    続報の要望をいただいている無人島探索については、6.Xシリーズコンテンツとなりますので、今後のPLLなどで改めて詳細をお伝えします。

    守護天節は、開発自体は完了しており、6.0パッチデータに実装済みです。ただし6.0と同時だとじっくり遊べないと思いますので、星芒祭後の年明けの開催とさせていただきます。
    今回の守護天節はIDを使用した大々的な遊びを用意していますので、メインクエストがある程度落ち着いたタイミングで腰を据えて遊んでいただければと思います。
    (6)