花鳥風月のNMトリガ代金は現在価格変動性です。
一定期間内において、トリガ取得した人数が多いほど高額化しています。
おそらくは、同一NMにプレイヤーが集中しないように設けられた制度であると推測しています。
この価格変動制度について、2019年の現在においても果たして必要なのでしょうかという疑問がわきました。

花鳥風月のモンスターはIL装備前提の今では既に雑魚であり、戦闘時間は非常に短いです。(一部のギミックモンスターを除く)
このため、モンスターと戦うための待ち時間というのは、ほとんど発生していません。
プレイヤーの集中回避という目的が真なのであれば、すでに役目を終えてるように思います。
また、人口の多いサーバー及び人が多い時間のプレイヤーほど高いコストを支払っている傾向にあり、多少の不公平さも感じます。
(ちなみに今日のOdinサーバーのアナンタボガは4200モンと2倍以上でした)

花鳥風月トリガ代については下記の提案をします。

1.価格変動性の撤廃

2.システム上、もしくは世界設定上の理由で撤廃が難しい場合、下記のいずれか
2-1.価格変動率の変更(例:10%ずつ増えてる現状を1%ずつとする)
2-2.価格下落速度の向上(例:下落速度を現状の10倍にする)

1と2どちらも難しい場合は、花鳥風月トリガ代の変化ルール(上昇と下降)を教えてほしいです。
ルールを知ることでトリガ交換するタイミングをいつにしたら良いかを判断できるようにしたいです。