Page 12 of 12 FirstFirst ... 2 10 11 12
Results 111 to 115 of 115
  1. #111
    Player Rikuchan's Avatar
    Join Date
    Apr 2013
    Posts
    688
    Character
    Rikusan
    World
    Siren
    Main Class
    PLD Lv 99
    Quote Originally Posted by Raamen View Post
    赤魔道士は、オルペウスサッシュという唯一無二の腰装備があります

    ヘイストに困っているというのはエン重視の戦闘スタイルにした時ということでしょう。
    アヤモマノポラ+2
    VIタイツ+3
    をうまく他の装備とあわせようとすると苦労します。
    ここにウムシクハットも使おうとするともう
    ヴォルト装備しかのこってません
    ※ヴォルトのドロップ率なんとかして

    テーオンにヘイストつけてごまかしてつかってはいますが、
    テーオンって何年前の装備だ・・・
    ※良い装備ですけどね
    その苦労こそがFF11の楽しみなんじゃないですかね

    いずれにせよ、例えば最近追加のプロプトヘルムやメイルを使いつつ、
    マルチ最強のウィンバフベルト+1を使いたいから、
    該当装備のヘイスト上げて欲しいって要望は通らないでしょう

    またRaamenさんの案ではありませんが、レリック防具特殊プロパティの両手両足の入替は明確に齟齬が出ており、なおかつバランスにも影響がほぼ出ないからって事ですよね
    例えばVIタイツの破片が調整前後で価格が跳ね上がってます(Sirenでは100万→500万)
    これは明らかに特殊プロパティの魔法剣ダメージアップ/命中アップに価値を見出した故の高騰ですが、これが連続魔に変更になれば価値は急落するでしょうし、今作った人は大損でしょうね

    上記のような事は開発も織り込み済みのはずです。
    なのでバランスの大勢には影響がないが、確実に利便性も上昇し、大きな損をするユーザーもでないのが両手両足のプロパティ交換なのではないでしょうか
    改めてみた考えると、こういうプロパティの変更は非常な危険を孕んでるもので、
    開発が慎重になるのは当然なのかと思いました。
    (4)

  2. #112
    Player Raamen's Avatar
    Join Date
    Mar 2011
    Location
    バストゥーク
    Posts
    445
    Character
    Raamen
    World
    Valefor
    Main Class
    RDM Lv 99
    Quote Originally Posted by Rikuchan View Post
    その苦労こそがFF11の楽しみなんじゃないですかね
    そうですね。醍醐味だと思います
    ※そろったとは言え、ヴォルトのドロップ率はきついです

    実際VIを無理やりつかって魔法剣のダメージをあげるよりも
    マルチを盛ったほうが削りはつよいですし、ただのロマン

    もともと話をもちだしたのは、上の方が「どのジョブも」ヘイストなんて腰で調整すればいいみたいなご意見に異議を示しただけです。
    ※ボクがひねくれてうけとっただけかもしれません。申し訳ない。

    AFの物理性能特化部位のヘイストは中衛装備に準拠してるんですが、
    レリックがもともと後衛特化性能だったものに無理やり前衛性能をつけたのが原因か
    物理特化部分の両脚すらヘイスト値が後衛準拠のものになって使いにくいのは確かです。

    もともと自分は赤魔道士は中衛だと思っていますが、最近開発の調整スタイルが
    理想の戦闘スタイルに追いついてきたような気がします。
    しかし、装備自体は、まだ後衛として調整されたものが多く、せっかく強化しても
    使いにくいといった方のほうが多いのでいろいろ要望が出ているのだと思います。

    現状装備をどうにかするといった調整は全ジョブにもユーザの損得にも多大な影響を
    およぼすでしょうし、今後の参考として開発サイドに汲んでいただけると幸いです。

    とはいえエンピリアン装束も完全に後衛性能特化のものばかりなんで
    できれば両足くらいは物理性能によせ魔法剣ダメージ+をつけ中衛準拠の
    ヘイスト値になればと思います。
    (2)
    Last edited by Raamen; 08-24-2019 at 06:33 PM.

  3. #113
    Player Skystrider's Avatar
    Join Date
    Jan 2012
    Location
    サンドリア
    Posts
    199
    Character
    Robnut
    World
    Odin
    Main Class
    DRG Lv 99
    Quote Originally Posted by Raamen View Post
    もともと話をもちだしたのは、上の方が「どのジョブも」ヘイストなんて腰で調整すればいいみたいなご意見に異議を示しただけです。
    ※ボクがひねくれてうけとっただけかもしれません。申し訳ない。
    あ、ここはまさしくその通りです。
    5部位だけで足りないのであれば「どのジョブも」ヘイストは腰で調整すれば良く、後衛装備が基本である赤魔道士を特別扱いする必要は無いと考えています。
    というか、これが通るなら暗侍竜辺りの専用装備も戦士と同等のヘイスト値にしてくれ・・・等と、要求の際限がなくなってしまいますね。

    少し本題からは外れるのですが、現状の仕様でも現実的に両手アヤモマノポラ+2・両脚VIタイツ+3を使用しつつ腰ヘイスト無しでヘイスト25%を確保することは可能です。
    上記の装備を使う=魔法剣による削りを前提として考えると、一例としては頭カマインマスク+1(8%)・胴アヤモコラッツァ+2(4%)・両足ATブーツ+3(4%)といった組み合わせが考えられます。
    両足の魔命が気になる場合は矢弾もヘイストピニオン+1(2%)にする事でアヤモガンビエラ+2(3%)等を使用する事ができ、無理なく足りる形になります。
    (3)

  4. #114
    Player Pipikalica's Avatar
    Join Date
    Sep 2018
    Posts
    53
    Character
    Menturm
    World
    Ragnarok
    Main Class
    RDM Lv 99
    テーオンとアデマは同じ値でしたか、失礼、見間違えていたようです。

    まさかヘイスト値を突っ込まれるとは思っていませんでしたが、
    レリック装束のヘイスト値の話を持ち出したのは私なので、
    現在の主題から逸れてしまわないようにこのレスに限定し、
    どういった経緯で話を持ち出したのかを説明させていただきます。

    まず、ジョブ調整とジョブ専用武器によって、エンダメージが大幅に跳ね上がったこと。

    そして、レリック装束+3の実装によって、
    1000に届くかどうかだった赤の攻撃力をさらに強化できる余地ができたこと。

    このような流れの中で、長らく後衛寄りのポジションにいた赤が、
    青と同等とまでは言えないまでも、着実に中衛寄りになってきていると私は感じています。

    レリック装束は赤にとってようやく実装された攻撃、命中、魔命をバランスよくブーストできる装備です。

    しかし、問題は赤のレリック装束などの合計ヘイスト値の位置づけです。
    装備ヘイストのキャップは25%ですが、キャップさせるためには表記上26%必要です。

    レリック装束に付与されているヘイスト値の合計を調べてみると、
    27%群、25%群、22%群、20%群に分けられているのですが、
    なぜか赤は純粋な後衛の多く占める、白、黒、詩、召、学、風、ナと同様の20%群に位置しています。

    現状の赤の能力を鑑みれば、後衛と呼ぶにしては同一カテゴリー内で飛びぬけて高い物理攻撃能力を持っています。

    ジョブ調整前でもそれなりの物理攻撃能力あったのに20%群に分けられているのは、
    カテゴリー内のほかのジョブを見ても明らかに不適切です。

    他方、中衛である青は27%のカテゴリーに入っており、比較的タイプが似ている青はOKで、なぜ赤はダメなのか、
    この設定の隔たりが、ジョブ調整を経て削り能力が強化され、
    中衛寄りの調整が進んだ今の状況からすると、どうしても引っ掛かるのです。

    20%ではレリック装束を部分的にでも採用しようとすると、
    装備ヘイスト26%に調整する際のハードルが上がってしまうことは事実です。

    もちろん、セールフィベルトのような優秀な腰装備を使えば、
    装備ヘイストのキャップは一発で解決します。

    ただしそれは対処であって、根本的な装備ヘイスト値の隔たりへの不満が解消したことにはなりません。

    何度も青を比較対象に出して大変申し訳ないのですが、
    アデマやヘルクリアなど優れた性能の装備をしながら装備ヘイスト27%を達成でき、
    投てきや腰装備を自由に採用できるこの状況の差を、何を納得する根拠とすればよいのか分かりません。
    レリック装束も27%です。

    赤の基本コンセプトから見ても、中衛としての設定があるわけで、
    赤にだって青と同じ中衛として相応しい装備ヘイスト値と、
    腰や投てきの自由度を求めることは、至極当然の要望だと考えます。

    ヘイスト値の見直し要望が赤だけを特別扱いすることにもなりません。
    同じ片手ジョブの中衛に27%の付与が認められているならば、
    同じような扱いを求めるのは当たり前のことだからです。

    ほかにも、なぜ剣が27%でナが20%なのか、なぜ戦が27%で侍竜暗は22%なのか、という点についても、
    言い出したら際限がないからと諦めるのではなくて、自身が不満を感じているならこの点も指摘すべきでしょう。

    実際のところ、レリック以外が優秀で常用装備として採用されるケースが少なかったり、
    イオスケハベルトやコーンスーの組み合わせで解消可能な範囲で、
    今のところは特に意見が出ていないだけなのかもしれません。
    このあたりの詳しいことはわかりません。

    この場でヘイスト値の話を続けると、現在のテーマから大きく逸れてしまうので、
    ヘイスト値の話はここまでにいたします。失礼しました。


    #111で指摘されているように、特定のオーグメントが目的でその部位を作成した人にとって、
    オーグメントの入れ替えは既に購入した人の不利益に繋がる危険性がある、というのが入れ替えの最大の問題なのでしょう。

    そう考えると、今回一番ユーザーの不利益に繋がる可能性がある、
    魔法剣アップ、命中アップの移し替え案は素直に引っ込めたほうがよいのでしょうね。私もここはもう諦めます。

    ハック確率のみを見れば、頭にレジストハックを付与するのが最適なのは弱体スキル値から明白ですが、
    (魔命は食事や支援でブーストできるが、弱体スキルは個人でしか補えないため。)
    これ以上混乱しても仕方ないので、開発案に賛成しつつ、可能であるなら頭が良いな程度に留めておきます。
    (1)

  5. #115
    Player Rikuchan's Avatar
    Join Date
    Apr 2013
    Posts
    688
    Character
    Rikusan
    World
    Siren
    Main Class
    PLD Lv 99
    #114へ
    毎回思ってるのですが、赤と青の設計って違いすぎて比較する意味がわかんないです
    ヘイスト値が重要なのは近接戦闘時が基本になりますが、そもそも一式系同じ装備で殴る事もないですし、
    個人的に不満を感じるとか以前に、特定装備を使いたいから既存装備のヘイスト値を上げて欲しいって発想がよくわかんないです
    適切かはともかく、少なくとも不適切とは自分は思えません
    (9)

Page 12 of 12 FirstFirst ... 2 10 11 12

Tags for this Thread