Page 1 of 5 1 2 3 ... LastLast
Results 1 to 10 of 44
  1. #1
    Player Nekodnc's Avatar
    Join Date
    Apr 2011
    Posts
    98
    Character
    Linuvl
    World
    Leviathan
    Main Class
    RDM Lv 1

    猫足立ちについて

    2015年6月25日のバージョンアップに猫足立ちの仕様が変更されてから色んな所で意見を上げてきましたが1年近くたっても一向に開発から反応がないのでスレッドを建てさせてもらいました。

    せっかくアドゥリンで蹴撃D値も引き上げられSTP装備も豊富なりジョブポイントにも猫足立ちと蹴撃の2項目が用意され複数回のためだけに作ったグランツファウストも完成し星唄に向けて準備していたところに仕様変更のおかげで最低な気分でエンディングを迎えたわけですが…

    長年に渡り使えないと言われてきたアビリティを強さ度外視でホソボソと年単位で装備を集め松井Pの言ううまくやる余地で遊んできたのにそれを潰されたのが一番頭にきます。

    はっきり言って今すぐにでも元の仕様の猫足立ち戻して欲しいです!!!
    (29)

  2. #2
    Player ccb's Avatar
    Join Date
    Jun 2013
    Posts
    223
    Character
    Mikazukix
    World
    Ragnarok
    Main Class
    THF Lv 1
    今の1分って短いですよね・・・
    1分だとアビ硬直の分考えると使わないほうがましなんじゃないかとさえ
    思えてきます。
    正直、今の青や忍の超火力と汎用性を見ていると
    モンクは猫足立ちもインピタスもジョブ特性でいいと思いますね~
    今だと火力が売りのジョブなのに火力が最下位クラスで使い道が全くないです。
    (15)

  3. #3
    Player
    Join Date
    Mar 2011
    Location
    サンドリア
    Posts
    55
    相手を黙々と、かつんかつん蹴り続ける見た目が面白かったのに。
    なんかジワジワくるものがあったw
    11からなくなってしまって寂しかったもののひとつ。
    全然猫足だってなくなって、つよきゃなんでもええんかいっていう気分だった。
    (17)

  4. #4
    Community Rep Chcayne's Avatar
    Join Date
    Feb 2016
    Posts
    78
    ご意見ありがとうございます。

    Quote Originally Posted by Nekodnc View Post
    2015年6月25日のバージョンアップに猫足立ちの仕様が変更されてから色んな所で意見を上げてきましたが1年近くたっても一向に開発から反応がないのでスレッドを建てさせてもらいました。

    せっかくアドゥリンで蹴撃D値も引き上げられSTP装備も豊富なりジョブポイントにも猫足立ちと蹴撃の2項目が用意され複数回のためだけに作ったグランツファウストも完成し星唄に向けて準備していたところに仕様変更のおかげで最低な気分でエンディングを迎えたわけですが…

    長年に渡り使えないと言われてきたアビリティを強さ度外視でホソボソと年単位で装備を集め松井Pの言ううまくやる余地で遊んできたのにそれを潰されたのが一番頭にきます。

    はっきり言って今すぐにでも元の仕様の猫足立ち戻して欲しいです!!!
    アビリティ「猫足立ち」を元の仕様に戻すというご要望ですが、
    どういった理由によるものかをお知らせいただければ幸いです。

    従前の仕様の場合、使わないほうが与ダメージ総量が多い状況にあったため、調整されました。

    現在の「猫足立ち」は、単純に手数がプラスされるアビリティであり、
    従前の仕様に戻すとなると、総合的な観点で見ればモンクを弱体化することになります。
    (19)
    Chcayne - Community Team

  5. #5
    Player Nekodnc's Avatar
    Join Date
    Apr 2011
    Posts
    98
    Character
    Linuvl
    World
    Leviathan
    Main Class
    RDM Lv 1
    開発陣がどの程度猫足弱複数について把握されているかわかりませんので簡単に経緯を書かせてもらいます
    ・猫足立ちで間隔が480になる予TPが減るD値は
    ・メイジャン試練の複数回武器の実装(強複数回でも他の複数回格闘武器でも可能)
    ・猫足立ちでDA、TA、複数回攻撃を積み重ねることにより2回蹴りの発生する確率を高められる(当時開発に確認したがバグではないとの回答があった気が…)
    ・アビセアでSTP,DA,TA装備と蹴撃装備の充実

    これらを組み合わせることにより今まで使い道がなかった猫足立ちに予TPを抑えた状態でWSの回転を上げて戦うスタイルが確率され
    短い期間ですがスファライや火にも負けず劣らずの火力が出るのでは?と話題にもなりました。(ビクスマの登場で終焉しました)
    もちろんPTでは削りを求められますのでソロや身内限定での宴会芸的な扱いでした
    (もっと詳しい経緯は用語辞典の猫足立ちに書いてあります)

    アドゥリン以降も
    ・蹴撃D値強化
    ・AF3の119強化(蹴撃、猫足に関する特殊ステータス満載)
    ・DA,TA、STP装備のさらなる充実
    ・ジョブポイントによりさらなる蹴撃D値、命中、攻撃の強化
    は続いているわけでメナスインスペクター後半からはPTに誘われることも無いので細々集められる範囲で装備を集めて遊んでいました。
    (グランツファウストを作ったのはILV119に対応するためと2-3回攻撃の発動率の高さを積み重ねるかつスキル値+による攻撃命中確保かつボッチでもなんとか作れる最初は七支公の2回攻撃オグメ)

    フェイスが実装されてからはタゲを取らずに盾、回復補助フェイスに負担を減らしつつ連携で削るなどソロで遊ぶときには比較的実用的なところまで
    来ていたのですが2015年6月25日のバージョンアップで仕様変更により全て無に帰りました。

    開発が言われる通り旧仕様に戻すと確実に弱体化します(自分も書いてますが強さ度外視の自己満足で遊ぶスタイル)
    私以外どの程度この遊びを続けていたプレイヤーがいるかもわかりません。
    興味のない方には迷惑な話でしか無いのも事実なので現仕様の手数を増やす猫足立ちは残すべきと考えています。
    ただ個人的なワガママとしては旧仕様の蹴りで戦うスタイルの猫足立ちをうまくやる余地として残して欲しいです。
    (30)
    Last edited by Nekodnc; 05-28-2016 at 11:51 PM.

  6. #6
    Player Hachiyon's Avatar
    Join Date
    Mar 2011
    Location
    バストゥーク
    Posts
    31
    Character
    Hachiyon
    World
    Siren
    Main Class
    MNK Lv 99
    確かに発動率アップに変わって強化にはなっているのですが
    今まで「うまくやる余地を探せ」と言われていたユーザーからすると
    期待を裏切られたように感じるでしょうね。

    弱かったにしろ猫足立ちのモードチェンジはモンクのひとつの特色であったと思います。
    特色がなくなった今、蹴撃って打剣やDAの劣化ですよ。

    猫足立ちに限った話ではなくジョブポやギフトなどでもコレジャナイ!って意見が各所で上がっていますよね。
    正直な話、開発はモンクをどうしたいのか分かりません。
    (16)

  7. #7
    Player Razoredge's Avatar
    Join Date
    Mar 2011
    Location
    天王寺駅前駅
    Posts
    472
    Character
    Razorsedge
    World
    Phoenix
    Main Class
    BLU Lv 99
    Quote Originally Posted by Chcayne View Post
    従前の仕様の場合、使わないほうが与ダメージ総量が多い状況にあったため、調整されました。

    現在の「猫足立ち」は、単純に手数がプラスされるアビリティであり、
    従前の仕様に戻すとなると、総合的な観点で見ればモンクを弱体化することになります。
    猫足立ちが現在の仕様になったのは、iLV前までに猫足立ちを使った方が強くなるようにユーザーが装備を調節して(弱複数、ストアtp)うまくやっていたのを、■が猫足対応装備のiLV版実装を放棄したことによる苦肉の策と受け取っています。
    つまり、グランツにより命中と複数攻撃の両立ができるようになった現在においては、
    Quote Originally Posted by Chcayne View Post
    従前の仕様の場合、使わないほうが与ダメージ総量が多い状況にあったため。
    という前提が崩れていると思われます。私はグランツを作る気はないので調査することはできませんが、■はやりました?私はそこを疑います。
    なお、当時作った弱アルサインクローはスファライで殴るよりも強く、何より爽快で楽しかったものですが、メイジャン延長が断たれた今は埃をかぶっています。スファライ含む他装備も黒用に追い出される体たらくです。モンクが今弱いのは猫足だけの問題ではないのはいまさら言うことではないですがね
    (14)
    Last edited by Razoredge; 05-27-2016 at 10:19 PM.


    獲得賞金1億ギルの証

  8. #8
    Player Misoka-no-Tuki's Avatar
    Join Date
    Dec 2011
    Posts
    211
    Character
    Suisoh
    World
    Carbuncle
    Main Class
    THF Lv 99
    以前の猫足立ちは、たしかに与ダメージは減少していましたが、それ以上に与TPおよび与TP回数が激減するため、
    「特殊技のきつい敵と戦うときに、単位時間当たりの特殊技誘発回数を抑えて持久戦に持ち込むためのアビ」だと認識していました。
    アルチアタックやストアTPを突き詰めた方だと高火力も維持できるのでしょうが、わたしは戦士のディフェンダーのような、攻撃を犠牲にして守りを固めるという使い方をしていました。与ダメージ総量だけで測るのはいかがなものでしょうか。


    #最近はモンク出してないし、メイジャン武器はもう使わないのはわかってるけど、弱複数回ウルサ・マヨルが捨てれないんだ・・・・・・。
    (17)

  9. #9
    Player peugeot's Avatar
    Join Date
    Mar 2011
    Posts
    977
    Character
    Peugeot
    World
    Bismarck
    Main Class
    MNK Lv 99
    もし、もとに戻すということになるならば、
    時々2~4回攻撃のIL119の格闘武器と蹴撃D+150ぐらいの靴とセットで
    装備導入の予定がないなら戻さなくていいです。
    (6)
    Last edited by peugeot; 05-28-2016 at 05:40 AM.

  10. #10
    Player Plo's Avatar
    Join Date
    Mar 2011
    Posts
    364
    Character
    Ploplo
    World
    Phoenix
    Main Class
    PUP Lv 99
    今のモンクの状況を考えると蹴撃の特性をもっと強化しても良いと思います。
    その上で猫足立ちの性能を元に戻すのが良いのではないでしょうか。

    ただし「猫足立ち」が使い難いアビリティだというのは確かですのでも少し幅広い層に受け入れられるように調整する必要はありそうです。

    なぜ「猫足立ち」が今更惜しくなったのか・・
    通常攻撃の価値が落ちて、TPが全然貯まらなくて、WSも弱いという状況が続いているからです。
    そいうわけで使いこなすにはハードルが高いですが旧「猫足立ち」の復活は一縷の望みなのです。

    その他のグチグチ
    新しい「猫足立ち」は効果60秒しかないし、「かまえる」も使えないアビリティになってしまったし、マーシャルアーツはいらないと言っても装備ジョブポで追加されるし、インピタスは命中の壁のせいで上限アップが意味ないし・・ぐちぐち・・
    (10)

Page 1 of 5 1 2 3 ... LastLast