• 新たなバトルコンテンツ「アルビオン・スカーム」が追加されます。

    Name:  20140723_01.jpg
Views: 126
Size:  60.6 KBName:  20140723_02.jpg
Views: 126
Size:  69.9 KB
    Name:  20140723_03.jpg
Views: 121
Size:  65.5 KBName:  20140723_04.jpg
Views: 123
Size:  69.7 KB
    • アルビオン・スカームとは
      アルビオン・スカームは、挑戦するたびに出現するモンスターや提示される条件、エリアの地形などが変化する広大な迷宮で繰り広げられる新しいバトルコンテンツです。
      冒険者は、提示される条件を達成することで出現するボスモンスターを攻略し、迷宮の奥へと進んでいきます。
      ボスモンスターの討伐に成功すると、アイテムレベル119の武器や盾、それらの装備品にアーケイン・グリプトを付与するための素材などを手に入れることができます。
    • 参加条件
      • 「ファイナルファンタジーXI アドゥリンの魔境 拡張データディスク」をインストールしていること
      • 「アドゥリンの魔境」の拡張コンテンツの登録を完了していること
      • レベルが95以上であること
      • 1人~6人以内のパーティ(※)を組んでいること
      • パーティリーダーが、だいじなもの「ユデイモン:○○」を所持していること
        ※アルビオン・スカームではフェイスを呼び出すことが可能です。
    • アルビオン・スカームに挑戦するためには
      東アドゥリン(G-8)のNPC"Oston "に、従来のスカームで使用する頭、胴、足のパーツに加え、
      新たに追加されるパーツをトレードすることで、だいじなもの「ユデイモン:○○」を手に
      入れることができます。新しいパーツは、従来のスカームで入手可能になります。
    • 入り口の確認と移動
      アルビオン・スカームには従来のスカームと同様に、各エリアに設置されている
      "Augural Conveyor"から侵入することができます。
      • アルビオン・スカームの対応エリア
        • ララ水道〔U〕
        • シルダス洞窟〔U〕
        ※対応エリアは今後のバージョンアップで追加される予定です。
    • アルビオン・スカームの攻略
      "Augural Conveyor"からアルビオン・スカームに侵入すると、まずロビーエリアに転送されます。
      ロビーエリアに転送された時点で制限時間のカウントは開始されます。

      アルビオン・スカームの制限時間は15分~55分です。制限時間は、だいじなもの「ユデイモン:○○」を
      作成する際に使用した胴のパーツのランクで決まります。また、胴のパーツのランクによって、より深い階層へ進んでいくことが可能です。

      ロビーエリアに設置されている"Living Cairn"を調べると、次のエリアに転送され、「敵を一定数討伐する」、
      「ノートリアスモンスターを討伐する」といったボスモンスターを出現させるための条件が表示されます。

      ボスモンスターを討伐するとアイテムレベル119の武器や盾などの戦利品がドロップします。
      また、パーティメンバー全員がテンポラリアイテム「髑髏の鍵」()を手に入れることができます。
      さらに、エリアに設置されている"Living Cairn"が起動し、次の階層に進んでいくことが可能になります。

      ※「髑髏の鍵」を使用すると個人箱が出現するとともに、"Living Cairn"が消滅し、攻略はそこで終了します。
    • アーケイン・グリプトの付与について
      アルビオン・スカームで入手した武器や盾は、西アドゥリン(J-10)のNPC"Divainy-Gamainy"に専用の
      素材とともにトレードし、手数料としてO.フラッグメントを支払うことでアーケイン・グリプトを付与することが
      可能です。
      • アーケイン・グリプトを付与するための素材について
        素材は、アルビオン・スカームで手に入れることができ、いくつかの種類が用意されています。
        付与されるアーケイン・グリプトはさまざまですが、使用する素材によって傾向が異なるため、
        好みの性能をある程度狙って付与することも可能です。
-----
この件についての議論やフィードバックを行う際には、タグ dev1222を付けてください。